全身性感帯になる

なぜ、いじめ・焦らしが気持ちいいのかわかりますか? それは、緊張と解放にあるんです。 いきなり会って、時間を気にしながらすぐに性器を触ってもらっても、機械のオンオフのように感じることはできませんよね。 そこをたっぷり時間をかけて、最初は性器に遠い足の指から責めるんです。


一本一本丁寧にしゃぶられると、徐々に頭のなかのエロスイッチがオンになります。 あたたかい下や指先がふくらはぎから太もも、性器の近くの内腿、「あともうちょっとで核心にいく」というときに、いじわるして乳首を責めるんです。 そんなに焦らされると緊張と興奮がないまぜになり、欲求が高まりますよね?


欲求を限界まで高まらせると、同じ射精でも数倍の快感の差が出るんです。 同じ料金ならより気持ちがいいほうがいいですよね。 焦らしに焦らされた状態だと、ただ息を吹きかけられただけでもイクこともできます。 全身性感帯になってしまう究極の快感を、一度味わってみてください。

このブログ記事について

このページは、痴女マニアが2014年2月 1日 09:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついにきた~五反田でドライオーガズム」です。

次のブログ記事は「福岡での調教は愛をもって行うべし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261