2013年10月アーカイブ

いじめ・じらし系の風俗店について

世の中には、様々な風俗店があります。
たくさんある中でちょっと変わったお店もあるのです。
やはり、男性によって性癖には違いがあります。
そんな中でも、一部のマニアが好んで通っているのが、いじめ・じらしの風俗店です。
とても不思議かもしれませんが、男性の中には女性にいじめられたい願望を持っている人がいるのです。
とくにMの方には意外と好評な風俗でです。
例えば、SMで叩かれたいという人がいるように、いじめられたいという人がいます。
女性にいじめられることで、自分の自尊心がぼろぼろになるのが快感でたまらないのです。
こういったことは、日常生活ではなかなか実現することはできません。
そのため、わざわざお金をはらうのです。
じらしは、比較的受け入れることができると思います。
焦らされることで、かえって性欲が高まってくるのです。
欲しいものを我慢すると、とても欲しくなる心理と同幼だと思います。
その際は、とてもストレスを感じるのですが、そのストレスのあとにある快感がたまらないのです。

いじめ・じらしの風俗店ってどんなところなの?

いじめ・じらしの風俗店と聞くと、言葉の響きで驚かれる方がいるかもしれません。
これは主にM性感や痴女エステなどのお店を指します。
いじめというと何?怖いこと?と思われるかもしれませんが、相手が喜ぶいじめです。
Mの性癖がある男性に、淫乱な言葉で責め立てたり、顔面騎乗で顔に女性の股間を思い切りおしつけたり、恥辱的な行為をしたりするのです。
じらしというのは、じっくりと乳首舐めをしたり、ペニスを刺激してもはやマックスというところで、イカせないというテクニックを繰り返すことです。
男性としては気持ちはいいのですが、イキたいのにイケないという快楽地獄で悶絶を味わうことになります。
女性にいじめられるのが好きな男性たちですから、興奮と快楽に苦しみながらも楽しんでいるのです。
もっとも、Mではないという男性も試してみると、その気持ちよさにハマることでしょう。
いつもとは違った受身の態勢で一方的にいじられることに、これまで感じたことのない快感を味わえるかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261