2012年12月アーカイブ


皆様こんにちは。

自分は常に快楽を求めている人間です。

 

幼少の頃から変態だったのか。

子供の頃に、体験した事ない快感でもじもじした人は少なくないはずです。

 

そんな経験に強烈な印象と体験を覚えてしまった私は、言ってしまえば【性の伝道者】を目指して行こうと決めたのです。

なんかカッコつけた言い方ですが、誰よりも気持ちよくなりたい!!

この一心に着きますね。

 

若い頃は知識もお金もないですから、無駄にがむしゃらでした。

インターネットの環境を手に入れてからが、視野が一気に広がりました。

 

どんどん情報を仕入れ、どんどん自分で試してみる。

もしくは彼女に試してもらう。

 

自分は元々責め好きもあり、パートナーをガツガツ責めるタイプでした。

責め方なんかも調べてみたり。

 

若い頃はガツガツ行きがちですが、女性は焦らして焦らしてイクのを寸止めを繰り返すのが良いと目にしました。

当然彼女に試した所、白目を向いてヨガるじゃないですか!!

これは自分でも試してみるしかないとなりますよね。

 

そこで彼女にやってもらった所、キマスねこれは。

どんどん自分が敏感になり、体の全てが性感帯になっていくようです。

 

ここで味をしめた私は、この焦らしと寸止めを組み合わせた更なる快楽はないかと探しました。

そこで見つけたのが前立腺の刺激。

極めればドライオーガズムと言う、普段の射精の100倍は気持ちいいと言われる体験が出来る!!

これです。

幸いにも私の彼女は性に対してオープンですから、一緒になって楽しんでくれる良きパートナーです。

パートナーの協力がなければなかなか出来ないですからね。

最初はなかなか出来ませんが、回数を重ねるに連れ、自分がどんどん敏感になっていくのが分かります。

今ではすっかり前立腺無しでは生きていけません。

潮も吹けるようになりました。

 

快楽を追求する事は1つ間違ってしまえば、大変な事になります。

ですが、この自然体で楽しむドライオーガズムを始めとする焦らしや寸止めや前立腺刺激。

 

この私が言うのだから間違いはありません!!

皆様も色々と追求されてはいかがでしょうか。

 

是非とも、是非ともお試しいただきたい!!

僕は今年で18歳になったばかりの、18禁解禁の学生です!遊び好きな友達もいない事から
今まで風俗というもので遊んだ経験がありません。もちろんオナニーは週7回バッチリですが(笑)
ですので、風俗での遊び方・ルールなどもまったく分からないのが少し難点です。

今回アルバイトの給料も入ったし、スロットに大勝した事もあり初めての風俗を体験してきました!

まずはお店選びから始めた訳なんですが、何せ風俗経験がないものですからどこのお店がイイのか
まったく分からなかったので、とりあえずはHPを見て一番気持ちよさそうな風俗に行ってやる!と決めました。

大阪は遊び所満載ですねぇ~!風俗店が次から次に検索にHITしてきます。その中から2店舗に絞りました。

まずは【大阪痴女フェチ倶楽部】という、『男の潮吹き・ドライオーガズム』が楽しめるというお店です!
もちろん謎な単語ばかりでしたが、そのあたりはバッチリ調べさせて頂きましたよ!楽しそうです♪

そして最後まで残ったもう一つのお店は...なんてお店だったっけなぁ?色々調べてたらページがいずこへ...
そんな悲しい出来事もあり、初体験は【大阪痴女性感フェチ倶楽部】で遊んでみる事にしたのです。

早速電話をかけてみると、すごく丁寧な対応をして下さり、僕みたいなガキに何て優しいんだ!

と少し感動してしまいました(泣)遊び方やお店のルールもバッチリ教えて下さり、予約完了です。

女性と対面してホテルに向かう道中から、お姉さんが半端なく密着してきます!
まだまだムスコの制御がきかない僕はホテルまでの道のりでギンギンに勃起していました(恥)
プレイもかなり濃厚なサービスで、耳元で囁かれたり本当にエロさが半端なくやばかったんです!

あまり言葉でうまく表現できませんが、これ絶対に反則です!同年代の女性とでは確実に体験できませんね。

それだけ非現実的な時間を楽しめたのでは?と思って帰ってからも妄想でオナニーしちゃいました(笑)
今まで風俗遊びを躊躇っていましたが、これは毎月お給料が入れば遊びに行かないとですね!
こんな素晴らしい体験をして、日々大人の方は癒されていたんですね~羨ましいです♪

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261